bootstrap themes

TOEIC試験はもう2度と受けない


英語て、その人の実力を客観的に測る試験があるんですよ。
それがTOEFL(トーフル)とTOEIC(トーイック)です。
TOEFLは主に学生、TOEICは主に社会人が受けるってイメージがあるなぁ。

TOEIC試験とは

TOEIC試験は、リスニング(聞き取り)試験とリーディング(読解)試験の2部構成で実施される2時間ぶっ続けの試験です。
休憩なしの長丁場だから結構大変よ。
そもそも途中で集中力が切れちゃうんじゃないかしら。
人間の集中力って、普通は1時間くらいってよく聞くもんね。

Mobirise
会社で受験したTOEIC試験

私は会社に入って初めてTOEIC試験を受けたんだけど、会場は会社の会議室だった。
こういう、公式の会場じゃなくて各企業が独自の日程で行うものをTOEIC-IPっていうんだよね。
得られたスコア自体は公式と同等の意味だけど、公式認定証は発酵されないし公的な効力はないので注意。
当時の私はそんなことは知らなかったし、まぁどこかに提出とかしないなら、大した話じゃないけどね。

試験は進む・・・

TOIECの試験って受けたことある?
会場のスピーカーから外人さんの説明が流れ出して、最初は注意事項を聴くの。英語で。
んで、私は英語がわからないから、何言ってるのかわからない(笑)
しばらしくするとそのまま試験になだれ込むんだけど、それは会場の雰囲気で察しただけでどのタイミングで試験が開始されたのかはわからなかった。
最初は、問題が読み上げられて答えをマークシートに書き込み時間が与えられる。その繰り返しだった。
いやー、わたし英語わかないから。

わたしはどこ?

そのうち、何問目かも怪しくなってくる。
会話を読み上げてる場面なのか、問題を読み上げてる場面なのかもわかんない。
なんとなく途方に暮れてきたとき、耳に入ってくる音に気が付いた。
「シャシャシャッ・・・」
「シャシャシャッ・・・」
周りの人の鉛筆を走らせる音だ。
もちろん、マークシートを塗りつぶす音ね。
ここで2つの事に気が付いた。
1.この音が最も聞こえてくるところが答えじゃん!
2.やっべー、そもそも今問目か現在位置を見失ってる私には意味ない情報だった!(笑)

結果が返ってきました

もう何点だったか忘れたけど、250点くらいだった。
「基本的なコミュニケーションが取れないレベル」的なことが書かれてた気がする。意味ない(笑)

もう2度と受けない!

TOEICは990点満点らしい。
それで250点とか、救いがたいレベルの低さ。
こりゃ、次回受けても意味ないな。って悟りました(笑)
そういえば、あれから英語の勉強とかも結局してないなー。
TOEICの試験も二度と受けてないけど、受けてもたぶん200点台でしょう。
二度と受けないけどね(笑)

(文:樹璃)

SHARE THIS PAGE!

Mobirise

英語もインストール出来たら
If I could install English as well. 



© Copyright 2018 Jyuri - All Rights Reserved