free web design templates

日本のフォント職人と英語のフォント職人


パソコンを使っていて、英語圏と日本語の違いを感じることの1つに「フォント」があります。
英語には多彩なフォントが最初から備わっていますけど、日本語は・・・・・?

英語フォントはとても豊富

パソコンを買ったとき、最初からインストールされているフォントがいくつかあると思うんだけど、日本語のフォントに比べて、英語のフォントってすっごく多い!
そして、とても多彩なデザインのフォントが揃っているのです♪
ノーマルなのはもちろん、西部劇風からコンピューター風から少女漫画風まで色々揃ってます。

しかも、特別にインストールすることなく、買ったとの日から使える標準装備のフォントです。
なんて、なんて素晴らしい環境なのでしょう♪
Mobirise
日本語のフォントは乏しい

そうなんです。
それに対して日本語フォントはどうでしょう。
MS明朝・MSゴシックの2つくらいじゃないですか?(Windowsの場合)
とても少ないです。
そして、この2つはなんの変哲もない、普通のフォントなのです。
もー。ポスターとかで変わったデザインの文字を使いたかったら、どうすればいいの?

日本語フォントは作るのが大変!

パソコンにインストールされていないフォントは、自分でインストールする必要があります。
世の中には有志によって作成されたオリジナルフォントが多数あって、それを自分で探してきてインストールすればいいのです。
問題は、その有志の方の労力の方で・・・・・。

英語フォントの場合は、英数記号大文字小文字で300フォントもあれば十分こと足りるんです。
しかーし、日本語は事情が違います。
英数記号にひらがな・カタカナ、そして漢字が必要になります。
この漢字が曲者で、あなたは漢字って何文字あるかしってます?

実は基本的な漢字だけで2,000文字程度あるのです。(第一種)
そして、ある程度の人名漢字とかも含んだ漢字となるとプラス2,000文字程度。(第二種)
合計で4,000文字も漢字があるのです。
この4,000文字分のフォントをデザインするって、苦行でしかないですよ。
英語圏の10倍以上の労力を必要とします。
こりゃ、フォントも少ないわけですよ(泣)

苦肉の策も・・

なかには、文字種を限定して作成している職人さんもいます。
一番分りやすいのが「漢字無し」です。
ひらがな・カタカナ・英数限定でフォントを作成するパターンですね。
漢字は、明朝かゴシックのより自然な方を使うのです。

次によくあるのが、漢字は収録するけど基本的な2,000文字だけってパターン。
普通の文章ならこれでも十分です。
これで労力が半分で済むんですからね。

日本語っていろいろ大変

外人からしたら、日本語ってかなり難解な言語だと思うんですよねー。
逆に考えれば、英語ってかなり単純な言語っていえなくもないんじゃないかな?

そう考えれば、英語の習得のちょっとは気が楽にならない?

(文:樹璃)

SHARE THIS PAGE!

Mobirise

英語もインストール出来たら
If I could install English as well. 



© Copyright 2018 Jyuri - All Rights Reserved