best free html templates

試験英語と日常英会話


英検やTOEIC向けの試験勉強ってありますよね。参考書とかも売ってますし。
それを勉強すれば、日常英会話が出来るようになるのでしょうか?

試験英語

よく試験英語って言い方しますよね。テストの点数を取るために特化した勉強法。
学校の試験用の英語の勉強。
英検用の英語の勉強。
TOEIC用の英語の勉強。
それぞれの出題傾向や、過去問、演習問題をこなして、高得点を狙います。
単位の為だったり、資格取得の為だったり、昇進の為だったり。
目的は様々ですけど、いろいろありますよね。

Mobirise
日常英会話

日常英会話ってなんでしょう。文字通り日常英会話なんですけど・・・・。
街で道を聞かれたり。
海外旅行で現地の人と会話したり。
これって、なにかも目的というよりは、ごく基本的な人と人とのコミュニケーションの為のものですよね。

どちらが難しいのか

試験英語と日常英会話。
あなたはどちらが難しいと思いますか?
なんとなーく、試験英語は勉強ごり押しでなんとかなりそうな気がするけど、日常英会話はちょっとムリ。
って感じしてません?

本来、TOEICなどの試験は英語力の高い低いを指し示す指標となるものなので、優しい問題から難しい問題まで多種多様な問題が出題されるのです。そこには日常英会話はもちろん、ビジネス英会話も含まれています。
それに対して、日常英会話は小学生程度の会話が成立すればOKなので、ごく簡単な英語しか使いません。

そう考えると、試験英語に比べて日常英会話は非常に簡単なものだと思いませんか?
なのに、どうして試験英語より日常英会話の方が難しく感じるのでしょう。

なぜ話せないのか

まず1つは、日常英会話は相手が人間であることが大きいです。
島国日本は、繁華街でもいかないと外人はあまりいませんし、いたとしても実際に会話をする機会はあまりないでしょう。

圧倒的に場慣れをしていないのです。
それで日常英会話に苦手意識ができてしまっている。
高度な英語学習をしても、実際に外人さんと話すことが出来ない。

まずは日常英会話

試験英語より日常英会話の方が簡単なのは見てきたとおりです。
本来ならば、日常英会話をクリアして、その上で試験英語を勉強するべきなのでしょう。

それを、日常英会話の習得がないままに試験英語に臨む環境にあるものだから、試験英語がさらに難しいものに感じる。
ひいては英語そのものが難しいものに感じてしまう結果になっているのです。
英語は世界で一番簡単な言語だから、世界の共通語に選ばれているという側面があります。
日本語なんて世界有数の難しい言語です。

「英語は難しい」この誤った認識を正しまず日常英会話を習得するのが、英語上達の真の近道なのかもしれませんね。

(文:樹璃)

SHARE THIS PAGE!

Mobirise

英語もインストール出来たら
If I could install English as well. 



© Copyright 2018 Jyuri - All Rights Reserved